【絶対零度第6話】高校生役はだれ?清水尋也のwikiと出演作は?

「絶対零度」第6話で高校生役を演じた俳優さんがカッコいい!だれ?と話題になっています。

サイコパスな雰囲気と独特な演技力、映画「ミスミソウ」に出てた?と気になった方も多いのではないでしょうか?

今回は、「絶対零度」第6話で高校生役を演じた清水尋也さんのwikiと、出演作についてまとめてみました!

 

スポンサードリンク




【絶対零度第6話】高校生役はだれ?清水尋也のwikiプロフィール!

「絶対零度」第6話で高校生役で出演していた清水尋也さんのwikiプロフィールを見ていきましょう!

清水尋也 プロフィール

本名:清水尋也(しみず ひろや)

生年月日:1999年6月9日(20歳)

血液型:O型

出身地:東京都

身長:186cm

趣味:読書

特技:サッカー(8年)、バスケットボール(6年)、楽器(ベース、ギター、ドラム)、
ダンス(HIP HOP)、RAP(フリースタイル)

事務所: office作

主な出演作:映画「渇き。」「ソロモンの偽証」「ミスミソウ」「ちはやふる」ドラマ「インベスターZ」「anone」「チア☆ダン」「サギデカ」

清水尋也さんはまだ若干20歳!

絶対零度では高校生役でしたが、まだ全然イケますよね!

楽器やダンス、RAPなどが好きだということで、人前で演技をするのも緊張しないのかもしれませんね。

ドラマでの堂々とした演技もうなずけます。

 

スポンサードリンク

【絶対零度第6話】高校生役はだれ?出演作「ミスミソウ」で演技力が話題に!


「絶対零度」第6話で高校生役を演じた清水尋也さんは、映画「ミスミソウ」に出演していたことでもその演技力が話題になっています。

一体どんな役柄だったのか、ご紹介していきます!

東京から田舎の学校へ転校した野咲春花は、クラスメートから壮絶ないじめを受けます。

清水尋也さんは、春花の唯一の味方である相場 晄(あいば みつる)役を演じました。

最初は春花の見方を貫き通していますが、次第に裏に隠された本性をあらわにし、春花の復讐の対象となってしまいます。

清水尋也さんの「ミスミソウ」での善と悪の両面を見事に表現した演技がうまい!と話題になっていました。

 

【絶対零度第6話】高校生役はだれ?清水尋也の今後の出演作は?


「絶対零度」第6話で高校生役で高い評価を得ている清水尋也さんが、今後どんな作品に出演するのかも気になりますよね!

今後の出演作としては、映画「甘いお酒でうがい」の公開が2020年4月10日に決まっています。

お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさんが長年コントで演じてきたキャラクターの「中年OLの川嶋佳子」を主人公に、平凡な40代女性の日常や悲哀を日記風につづった小説を映画化したものです。

清水尋也さんは佳子が好意を寄せる「岡本くん」を演じています。

コメディ映画ですので、また違った清水尋也さんが見たい方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

まとめ

今回は、「絶対零度」第6話で高校生役を演じた清水尋也さんのwikiと、出演作についてまとめてみました。

闇を抱えている役も、コメディタッチな役も自在に演じて大人女性もとりこにしてしまう清水尋也さん。

2020年も大活躍すること間違いなしですので、今からチェックしていきましょう!

スポンサードリンク