【絶対零度 5話】加賀美の罪とは?過去に北見と知り合っていた?

「絶対零度」第5話のラストシーンでは、加賀美が北見に銃を突きつけられているシーンが衝撃的でしたね!

加賀美が26年前に犯した罪について気になった方も多かったのではないでしょうか?

今回は、「絶対零度」第5話で少しずつ明らかになっていく加賀美の罪や、北見と過去に知り合っていたのかについて考察してみました!

 

スポンサードリンク




【絶対零度 5話】加賀美の罪とは?26年前に何があった?

「絶対零度」第5話では、加賀美が北見に後ろから銃を突きつけられていました。

26年前に香坂の父親が神経ガスをまいた事件現場に居合わせた加賀美は、自分が罪を犯したのだと告白します。

その罪とは一体何なのでしょうか?

 

  • ミハンのプロトタイプを作ったのに香坂の父親を危険人物と特定できなかった
  • 助けた子供が北見の兄弟だったが結局は助からなかった

 

個人的には、こんなことを予想しています。

第5話では、加賀美がミハンのプロトタイプを作った人物だということが分かりました。

香坂の父親に事件の前から異常な行動が見られたのであれば、危険人物だと特定できていてもおかしくありませんよね。

また、加賀美は事件現場から一人の子供を救い出していますが、現在ではその子と思われる写真を見つめて焼き芋を食べていたりします。

この子供が結局は亡くなっていて、北見の兄弟だったとしたら?

もし北見が26年前の事件の被害者遺族だったとしたら、加賀美に恨みを持っているかもしれません。

 

スポンサードリンク

【絶対零度 5話】加賀美の罪とは?過去に北見と知り合っていた?

どうして北見は加賀美に銃を突きつけていたのでしょうか?

全ての真実は、26年前に香坂の父親が起こした事件にあると思って間違いないと思います。

北見がここまでの行動をとるのは、北見が被害者遺族であり、加賀美が家族を奪ったと思っているからではないでしょうか?

加賀美に助けられたのに助からなかった、そもそもどうしてミハンを作った本人が犯人を特定できなかったのか?

こんなふうに考えていたとしたら、北見は加賀美はもちろん、犯人の子供である香坂にも恨みを持っているのではないかと思います。

 

【絶対零度 5話】加賀美の罪とは?第6話で分かりそうなこと

「絶対零度」第6話では、ラストシーンで北見が香坂につめよる姿が描かれるのではないかと思っています。

加賀美から真実を聞き出した北見が、その怒りを香坂にぶつけ、結局は香坂を撃ってしまうような気がしています。

もしそうなら、香坂が亡くなった直接の原因は北見にありますし、その前にミハンシステムも北見を危険人物と特定していたかもしれませんね。

少しずつ明らかになってくる結末。

次回の第6話の放送も注目まちがいなしですね!

 

まとめ

今回は、「絶対零度」第5話で徐々に明らかになっていく加賀美の罪や、北見と過去に知り合っていたのかについて考察してみました。

毎回、衝撃のラストシーンで見る人をドキドキさせてしまうドラマ「絶対零度」。

最終回でたどり着ける真犯人が誰なのか、まだまだ明らかになっていないことも多いと思いますので、後半戦も楽しみにしていきましょう!

スポンサードリンク