ホリエモン新党に小池百合子?同姓同名の出馬で都知事選の混乱が狙い?

N国代表の立花孝志氏が、「ホリエモン新党」を立ち上げることを発表しました。

堀江貴文さんが次の都知事選に立候補することを見込んでの「合法的な宣伝活動」だということですが、現職の都知事、小池百合子さんの同姓同名の立候補者を擁立するのではないか、ということなんですね。

今回は、ホリエモン新党小池百合子さんがいるのか、同姓同名の立候補で都知事選を混乱させることが狙いのかを調べてみました!

 

スポンサードリンク

ホリエモン新党から小池百合子がいる?

 

立花孝志氏によると、新しく設立したホリエモン新党から小池百合子さんが出馬する可能性がある、ということです。

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は、同党が求める新型コロナウイルス対策を東京都の小池百合子知事が受け入れなければ、7月5日投開票の東京都知事選で、小池氏と同姓同名の候補者の擁立を目指す考えを明らかにした。

どちらの候補者への投票か見分けられない1票があった場合、得票数の割合に応じて配分(案分)される。

立花氏は「小池氏の票をいくらか減らし、当選しづらくなる選挙運動を展開したい」と語った。

毎日新聞ニュースより引用

N国の提案した新型コロナウイルス対策が受け入れられなければ、ということですが、

 

  • 通勤客の電車に代わるタクシーの利用に対する助成金
  • 都民1人あたり50万円の一律給付
  • 東京オリンピック・パラリンピックの中止

 

今のところ、これらの対策は講じられてはいないようですよね。

東京都としては、N国の提案は、かなり無理のある対策であるという考えなのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

ホリエモン新党の小池百合子はどんな人?

 

ホリエモン新党の小池百合子さんがどんな人なのかが気になりますが、姿を確認することは今のところはできないようですね。

東京都知事選の告示日は、2020年6月18日です。

この日付をもって立候補したのちに選挙運動となりますが、少なくとも告示日には明らかになるはずです。

立花孝志氏が小池百合子東京都知事の対抗馬として考えている小池百合子さんがどんな人なのか、6月18日を楽しみに待つしかなさそうです。

 

【ホリエモン新党 小池百合子】同姓同名の出馬で都知事選の混乱が狙い?

 

ホリエモン新党から同姓同名の小池百合子さんを出馬させることで、都知事選を混乱させる狙いがあるのでしょうか?

実際の選挙で、私たちが現職の小池百合子氏に投票したい場合には、「小池百合子(67歳)」と記入して投票する必要があるということなんですね。

どちらの小池百合子さんか分からない票の場合は、現職の小池百合子氏の票も減らすことにつながります。

そして、「ホリエモン」と書いた票の場合は、堀江貴文氏に票が入ってしまう、とも言われています。

そのため、現職の小池百合子氏なのか、ホリエモン新党の同姓同名の小池百合子さんへの票なのかをはっきりと区別しなければ、都知事選が混乱してしまいます。

もし本当にホリエモン新党から同姓同名の小池百合子さんが立候補することになれば、東京都にはきちんとした対応が求められますね。

 

まとめ

今回は、ホリエモン新党に小池百合子さんがいるのか、同姓同名の立候補で都知事選を混乱させることが狙いなのかを調べてみました。

ホリエモン新党の小池百合子さんは実在するかもしれませんが、今だに姿を見ることはできないこと、もし本当に立候補することになれば、選挙は混乱してしまう可能性があることが分かりました。

ホリエモン新党の小池百合子さんの姿は、告示日の6月18日にはメディアに取り上げられるかもしれませんので、注目していきたいですね!

スポンサードリンク